『アルキラー』の使用方法について順を追ってご説明します。
設定方法や詳細な操作手順については「法人のお客様 管理ページ」にて各手順書をご覧下さい。

※走行中のドライバーによる操作、画面の注視は大変危険ですので絶対におやめ下さい。

1. 端末と検知機器を接続

検知機器に付属されていたケーブルをスマートフォンと検知機器に接続します。

※スマートフォン側に接続する際は、きっちりと奥まで挿し込むようにして下さい。特にスマートフォンにカバーなど装着されている場合はご注意下さい。

2. 検知および結果の送信器を接続

アルキラーを起動すると左のような画面が表示されます。

表示されている操作手順に従って操作を行います。
1. 検知機器本体とスマートフォンをケーブルで接続します。
2. アプリ画面下部の「OK ボタン」をタッチします。
3. 検知機器の電源ボタン(本体真ん中の●ボタン)を押します。
検知機器が10秒間クリーニングを行います。検知機器の画面でカウントダウンが終わり「ピピッ」という音が鳴ったらマウスピースで息を吹き込みます。

※スマートフォン側に接続する際は、きっちりと奥まで挿し込むようにして下さい。特にスマートフォンにカバーなど装着されている場合はご注意下さい。

結果の取得が終わると、撮影された動画のプレビューと検出したアルコール濃度が表示されます。
「送信」ボタンを押して管理者へ検知結果を送ります。

※通信環境によっては送信に多少時間を要することがあります。

3. 管理ソフトでチェック

受信したデータはリストで表示されます。
検知時の、画像と地図による検知位置が表示されます。ドライバー名や車両を登録しておくことができます。

PAGE TOP